いつの間にか身につけてしまった「偽りの仮面」に気づく 心理学のエッセンスBlog


2022/1/3~


人は見たいように世界を見る 

無意識レベルの目的達成

人は見たいように世界を見て
聞きたいように聞いて
信じたいように信じる

アドラー心理学の考え方だ

人は自分の目的を持ち、その目的を達成するためには都合の良いように世界を用いているということです

例えば、自分はAさんのことを本当は大嫌いだけれど、立場や道徳観などで人を嫌うことはよくないと考えている そんなAさんの行動を観察し良くない行動を見つけ出し、やはりAさんは嫌うべき人物である 故に自分の感覚は正しい、Aさんを嫌って当然であると思う この時のAさんの行動の良し悪しの判定基準は自分の定規で決めてAさんの都合や背景などは無視されてしまう 無意識レベルでAさんは大嫌いを立証する目的を達成するように見て聞いて信じる

こんなことは日常的によく起こっている、というより自分が見て聞いた信じている世界の全ては自分の目的にあったようなっている あくまでも自分の世界でしかないということだ
仕事上の情報の共有は事実についての共有とすれば可能である 決められた理屈や出来事についてその通り受け止めればいい しかし、解釈、感覚や感情が伴っていると別な話になる
人はこれまで自分が体験したこと、感じてきたこと、学習したこと、影響されたことから今ここで起きていることを判断している それぞれの歴史が違うのだから判断基準が違う、理想も道徳観が違う、社会へのかかわり方、所謂、世界と自分の関係の基盤が違う

最終的に無意識レベルの「世界と自分の関係」を立証するために見て、聞いて、信じている

f:id:ligthbrreeeze:20220118133617j:plain

言葉のマジック

日本に生まれたのだから日本語を使う 当たり前の話でもあるけれど日本人だからどこでも通じるとは限らない 例えば方言は地域限定の意味があってその地域で生活した人しか分からない
「こわい」の意味は何だろう
「恐怖」「恐れ」「恐ろしい」はもちろん「疲れた」「疲労」「苦しい」または「固い」などを表していることがある

言葉の意味はたったひとつでもない
地域制、精神状態、選択の仕方が影響しいろいろな意味を持ってしまう

これをアドラー先生の考え方の説明にするのはあまりに強引で的外れな部分があるけれど、人には無意識の信じ込みがあって自分のグローバルスタンダードになっている場合があるということを言ってみた

さて、もう一度「こわい」を考えてみよう
「怖い」と聞いてどういう「こわさ」が浮かんでくるだろう

ホラー映画、感染症、将来の年金受給額、悪気がなかった小さな嘘への報復…
いずれも「こわい」と表現されるが自分にとって仲良しの「こわさ」がある
自分のスタンダードな「こわさ」なのだが、「こわい」とは世界中でこんなことになっているという信じ込みが伴っていることに概ね気がつかない 心の専門家のカウンセラーでさえ気がついてないことがある

そもそも言葉はコミュニケーションツールであって万能とは言えない

自分の気持ちは正確に通じないのは、それぞれ見たいよう見て聞きたいように聞いて信じたいように信じている者同士のコミュニケーションだから仕方ないと思えば腹も立たないだろう 自分が分かってもらえないと思うように相手も分からないのである

f:id:ligthbrreeeze:20220118135149j:plain

自分のホンネすら…

言葉は万能ではない
相手の「言葉」と自分の「言葉」が表そうとしている、伝えようとしているナニカは一致しているとは限らない 自分が伝えようようとしているのは自分が伝えたいことであって相手の世界には存在しないナニカかもしれない

そして、このコミュニケーションは自分の内側でも起きている

自分の判断基準はこれまでの体験や学習など自分の歴史から出来ている
倫理、道徳、社会性は生来の資質と性質が異なり生育過程で周囲から取り込んでいる 言葉を覚えていくことに似ている 自分のホンネでは周囲に認められない、ホンネで行動すると自分にとって悪いこと、叱られたり、罰せられたりするのでホンネとは違う行動をしようとアタマが覚えて世界に適応し、いつしかホンネは忘れられる

自分の感情がわからない、いつもモヤモヤしてスッキリしないのはホンネではなく、アタマが見たいように見て聞きたいように聞いて信じたいように信じるように動くのでホンネとのズレに気づけないからである 感情よりも考えて行動する方を指導する教育の結果かもしれない 

アタマはこの世界でうまく生きていけるように最大の努力をしているので決して悪でない こんな記事を読む方は真面目に生きているタイプが多いのでうっかり自分を責めてしまいがちだから注意して欲しい

自分をよりよく生きたい、安全に生きたい、コミュニティで生きたいという人間本来の傾向があって、見たいように見て聞きたいように聞き信じたいように信じてきた だからこそ今の自分が生きてここに居る事実がある

そういう自分に今までと違うナニカを積み上げてみる

もし、今の自分に違和感があって、ナニカモヤモヤしているとしたら一日5分で構わないから自分の内側と付き合う時間を持ってみたらどうだろう…
静かに深めに深呼吸して敢えて時間を止めて、こんな風に自分の内側に外池けてみたらどうだろう

「今日の自分はどんな感じだっただろう…」
「今何を感じているのなかな…」

直ぐには答えは返ってこないかかもしれないけれど、そのうちきっと内側の自分から話てくれることだろう…

 

 

カウンセリング詳細

カウンセリングをご希望の方へのご案内です

生きにくさのカウンセリング

クライエント様自身の力が発揮できるようにサポート、問題の原因追究だけではなくこれから先、未来を考えます。 「今、ここ」にある問題の意味にもフォーカス 初回のカウンセリングから問題解決に取り組みます。カウンセリングの回数が少ないのも特徴です。

女性特有のの生きにくさ

女性の人生は自分を変える歴史です。自分らしい生き方、自分軸に繋がる生き方をサポートします。

f:id:ligthbrreeeze:20220115230423j:plain

カウンセリングの特徴

クライエント様自身の力が発揮できるようにサポート、問題の原因追究だけではなくこれから先、未来を考えます。 「今、ここ」にある問題の意味にもフォーカス 初回のカウンセリングから問題解決に取り組みます。カウンセリングの回数が少ないのも特徴です。

対象の悩み
◆本心を話したら“ひとりぼっち”になった。
◆本心で話せる友人がいない
◆孤独感・疎外感の抱え方,生き方の悩み
◆毒親、機能不全家族の悩み
◆自己理解、自己探求のサポート

カテゴリを超えた広範囲の理論・技法
◆交流分析 性格特性分析、行動分析、発達心理、生きクセの分析 人生脚本
◆フォーカシング 内側と対話し意味を発見する心理療法
◆ゲシュタルトセラピィ 解消できない感情、未完了の感情のワーク
◆プロセス指向心理学 人生のプロセスを取り戻すワーク
◆短期療法 目的の明確化 短期問題解決
◆古神道
◆量子物理学

 

来室なしのオンラインセッション

Zoomミーティングのカウンセリングです

・曜日:火曜・金曜・土曜
・時間:①10:00~12:00 ②13:00~15:00
・料金:60分 8,000円 90分 12,000円 120分 16,000円 全て税込み

◆お支払い方法:事前払い 
 銀行振込  クレジットカード(Payopal経由オンライン決済)

◆申込みフォーム
 https://form1ssl.fc2.com/form/?id=870602da19490790

②入金確認後にZoomミーティングURLをお知らせ致します
③当日ご予約時間になりましたらお送りしたURLを開封してください

◆確認等の事務の都合上4日前までお申込みください
・4日前までに着金が確認できない場合はキャンセルとさせて頂きます

◆初回は説明があります 延長料金無
◆カメラが内蔵されてないPCは専用カメラが必要です
◆スマートフォンは内蔵カメラで対応可能です

◆Email: keyakikan329@gmail.com

 

注意 必ずお読みください

◆Light-Breezeのカウンセリングは医療行為ではありません。
◆身体的、精神的な疾病が疑われる場合は専門医の受診を優先されますようお願い致します。
◆健康保険の適応はできませんので予めご了承ください
◆現在、医療機関を受診されている方は主治医にご相談になってからご利用ください。
◆カウンセリングの申し込みはご自身の意志で決定してください。
◆電話・メールでのカウンセリングは対応しておりませんのでご了承ください。

 

キャンセルポリシー

お申込み講座をキャンセルされる場合は、主催者が定めたキャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。 申し込み前に必ずご確認ください。

キャンセル料

◎カウンセリング
・当日:料金 100%
・前日:料金の50%
・2日前:料金の30%
・それ以前のキャンセル:無料
※度重なるキャンセルの場合はお申込みをお断わりする場合があります。


◎ワークショプ・講座
・連絡なしの不参加:受講料の100%
・セミナー1日前~当日:受講料の100%
・セミナー2日前:受講料の50%
・それ以前のキャンセル:無料
◆キャンセル料と振込手数料を差し引いた金額で返金致します

講座・ワークショップ 開催日時の変更について

主催者の都合により講座の開催日時を変更する場合は、講師の急病などやむを得ない場合を除き、 原則としてセミナー開催の5日前までに当館よりメールまたは電話でご連絡いたします。 その際、あらためて参加・不参加のご希望を確認致します
ご参加いただけない場合は、受講料を全額返金いたします。

講座・ワークショップの開催中止について

主催者の都合により講座を中止する場合は、講師の急病などやむを得ない場合を除き、 原則としてセミナー開催の5日前までに当館よりメールまたは電話でご連絡いたします。 受講料は全額返金いたします。 なお、主催者からセミナー日時の変更または中止のご連絡を行わない限り、それ以外の理由でキャンセルをされる場合にもお客さま都合でのキャンセルとなり、 キャンセル料の対象となります。あらかじめご了承ください。

払い戻しについて
ご指定の口座にご返金いたします
主催者の都合による日時の変更や開催中止の場合を除き、返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。

 

プライバシーポリシー

オンラインカウンセリング・Light-Breezeではカウンセリングのお申込みの際に個人方法保護及び 心理カウンセラーの倫理の観点からからお申込みフォームに同意事項を掲載しご確認をお願いしております。
また、ワークショップのお申込の際にご連絡頂きました個人情報についても個人情報保護の観点から厳重に管理しています。
オンラインカウンセリング・Light Breezeは事業を営むに当たり、個人情報をお預かりしています。 個人情報は事業を継続する上で最も大切な資産のひとつです。 これを保護していくことは社会的責任であると考えております。 「個人情報保護方針」を以下の通り定めるとともに、個人情報を保護していくための取組みを継続的に行います。
・守秘義務
取得した個人情報および相談内容は業務以外の目的には使用せず、目的外利用をしないよう適切な措置を講じます。 法令に基づく場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。
・守秘義務の例外
自他に対して危害があるよ予想される場合は専門機関へ通報する義務があります。 個人情報および相談内容を開示せざるを得ない場合について、事前に本人と話し合い同意を得るように努めます。 裁判所などの司法関係者から法令に基づく開示請求を受けた場合は個人情報を開示する場合があります。
・法令等の順守
個人情報の保護に関する法令、国が定めるガイドライン、その他の規範を遵守いたします。
・個人情報管理の継続的改善
社会情勢の変化等に基づいて、個人情報保護の管理体制を継続的に見直し・改善いたします。

Don't think! Feel. 考えるな!感じろ自分のために…

◆一度くらいは耳にしている

「Don't think! Feel.
ブルース・リー主演映画「燃えよドラゴン」のセリフ

「Don't think!…Feel.
このニュアンス、ヨーダらしい「スターウォーズ」のセリフ

スターウォーズからはもう一つ
「Remember, concentrate on the moment. Feel, don’t think. Trust your instincts.」
「覚えておけこの瞬間に集中するんだ。感じろ。考えるな。本能に従え。」
エピソード1 クワイ=ガン・ジン ポッドレースに出場するアナキンへかけた言葉

アタマじゃないんだ!
自分の力を発揮するんだ!

と言う時に登場する言葉ですよね

 

◆考えるそもそも「思考」の定義は?

思考 Thinkinng

思考とは何らかの問いかけへの応答であり、今まで積み重ねてきた経験(知識、記憶)からの反応である。思考することは過去の蓄積によって、今、出会っているものを判断するすることである。

カウンセリング辞典 誠信書房

ということです。

 

今まで積み重ねられた経験は自分のデータベースになっている。日本に生まれたら日本語を話すのは生まれた途端、周りが日本語の中で生きているからで意識をしなくても日本語データベースが出来上がっていく。

蓄積されたデータベースは日常のあらゆる場面で自動的に検索され自動的に判断材料になっている。自分は考えている、と意識していなくても人は何かしらいつも考えて行動しているのです。

 

アメリカの研究によれば人間は一日24時間の間に60,000回ほど思考しているそうです。単純に計算すると1分間に41回ほど何かしら考えていることになりますね…。
何かしらを過去の経験の蓄積データを引っ張り出し照らし合わせ判断するということを繰り返している、「アタマの回路」が動きっぱなし、隙間がありません。

 

◆データベースは個性的

今までの体験が多ければ多いほど判断材料が沢山蓄積されているのだから、良い決断ができるに違いない…と思いたいのだがそうでもない。

 

特定の経験のみが多ければ量は多いけれど多面的でもない、と想像できる。同じことを何度も経験してもそれだけしか知らないこともある。例えば、幼い頃から偏った教育を受けたら偏った経験をして偏った知識が蓄積される。地域の文化や風習をグローバルスタンダードであると思うのは自然なことでもある。

 

”氏より育ち” ”三つ子の魂百までも” という諺もあるとおり育つ環境は人間のキャラクターに大きく影響する。データベースは成長や周囲の環境でアップデートされるが、ゆるぎなく固定化されることもある。個人の資質にもよるけれど生育過程は大きく影響しているのだ。

 

固定化されたデータはその人の価値の観念を強固にする。自分の価値観がグローバルスタンダートと思い込むタイプだ。このタイプの場合、他の価値観を理解して受け入れることはが難しくなる。上から目線タイプと言っておきましょうか…一つの個性です。

 

人によって部分的に強い思い込みや信じ込みもある。人の内面は多面的になっているからそんな思い込みや信じ込みが個性になる。○○はOKで、△△はNGでもない。全体的なバランスがあるので個性豊かなキャラクターが出来上がっている。

 

f:id:ligthbrreeeze:20220110152026j:plain

 

◆思考している時は過去にいる

私たちはそれぞれ個性豊かなデータベースを使って、日々の生活の様々な事柄を判断している。それも一日の時間ほとんどを費やして…。

ということは…

あの時、あの場所、あの出来事の中に一日中居る 
『今起こっていることは、あの時にあれに似ている、同じケースだ、ということは、これをこうして、するとこうなって、結果はこうなる』
つまり
『あの羊羹を食べたら こんな味がする』
『この空模様はやがて雨になる』
『このタイプの人は私とそりが合わない 気をつけよう』
このように、過去の出来事に関連した考え・思考を延々と繰り返して毎日過ごしているということです。
羊羹はあの羊羹であって今日出会った羊羹でもない…かもしれない。

今、ここで考えて何かしらの答えを出して、何かしらの行動をし続けている。新しい行動様式を取り入れて新しい何かしらの行動をしていても、過去に学習されたものから作り上げた行動だろう。

一方、自分の感じ、感覚はどうなっているのだろう…。
実はほとんど感じられてはいない。今感じられている感覚を参考にして何かしら行動することはほとんどないかもしれない。
(事務的な作業、定型作業は別にしてくださいね…と言っても、昨日と今日の周りの環境は同じではないので感覚は違っているとは思いますが…)

ということで…
Don't think! Feel. 考えるな!感じろ

スポーツをされている方は、思考する・考えると身体の動きが遅くなるのは体感で知っているのではないだろうか。スーパープレイをしたのにアタマの記憶がないという話はよくある。脳や体の理屈は詳しくはないが、考える・思考すると身体の反応は遅くなるのは確からしい…。いくらアタマの中のやりとりが電気信号だからと言っても時間がかかる、そもそも、あのスーパープレイは私のアタマではなく”からだ”(の感覚)が勝手に動いたんだ。

そう!アタマじゃないんだ!

ブルース・リースターウォーズの名言は戦いの場面で言われたのだから、反応が遅くならないためのアドバイスであろう…

…と片付けてはいけない。

◆思考を感覚と勘違い

さて…自分の感じていることがわからない。と話す方は珍しくはない。
そういう方には話の仕方にとある特徴があるように見える。自分の話を第3者のように、ニュースの原稿を読むがごとく話したり、「嬉しかったんだと思う」「悲しかったらしい」のように実感が伴わない話し方をしたりする。

データベースの「嬉しい」「悲しい」を考えて当てはめているのかもしれない。特定のことについて共通する大まかなことを「概念」と言う。ひとつひとつの違いは抜きにして大雑把にしておくと楽でもある。人はよくこんな風にして丁寧に考えない部分もある。「概念」は脳の負担を減らす方法らしい…という研究もある。


概念的行動は出来事に相応しい感情を考えて相応しい行動をとる、幼い頃から繰り返しているので条件反射的になっている、そんなことが起きているのではないだろうか。自分が感じていることが分からないということも起きそうに思う。

 

感じ・感覚は一瞬で変わる、同じ感覚をずっと持ち続けるのは不可能。
たった今、ノートパソコンのキーボードに向かっている私の感覚は違うキーに触れれば変わってしまう。姿勢を変えたとしたら背中の感じが変わるしそれに伴って内側の感覚も違ってくる。

こんな微妙な事でもなく、毎日同じ部屋で生活していても昨日の感じとたった今の部屋の感じはナニカ違うはずだ。昨日の風景を思い浮かべて比べるのではなくたった今の自分にフォーカスしてみる。アタマのスイッチを切って、思考をやめてそこにただ居てみる。この状態はマインドフルネスだ。

 

考える・思考すると感覚は何処かに追いやられてしまう。そうすると感じられなくなる状態になるから当然、ストレスも感じられなくなってしまう。ある日ある時、ポキッと折れるように壊れるタイプは日々感じているストレスを分からないことも原因になっている。

と、まず恐ろしいことを言っておこう…。

 

f:id:ligthbrreeeze:20220110164514j:plain

 

◆豊かな人生

ちょっとした提案

今までルーチンワークのような食事をしていたよしよう…生きるための栄養摂取的な食事をひとつひとつ味わって食べたとしたら…

例えば、判で押したような通勤風景を味わったとしたら…

例えば、一杯のコーヒーを味わったとしたら…

と想像してみてください。


そんなヒマなことやってる余裕がない…。
そうですよね…現代人は忙しすぎる。
そんな忙しい生活の仕方が感じ・感覚を自分で眠らせてしまっている。

ということで

あえて時間を止めて自分の感覚を味わう5分をおすすめしたいと思います。

一日5分×1カ月×1年 = 積み重ね

データベースはアップデート!

Don't think! Feel. 考えるな!感じろ自分のために…

 

さて…


今、ここで自分は何を感じているでしょう…ね…。

『ロジャースが提唱する自分らしい生き方への10か条』 
1.偽りの仮面を脱いで、あるがままの自分になる
2.「こうすべき」「こうあるべき」といった「べき」から自由になる
3.他人の期待を満たし続けるのを辞める
4.他人を喜ばせるために、自分を型にはめるのを辞める
5.自分で自分の進む方向を決める
6.結果ではなく、プロセスそのものを生きる
7.変化に伴う複雑さを生きる
8.自分自身の経験に開かれ、自分が今、何を感じているのか気付いていく
9.自分自身を信頼する
10.他人をもっと受け入れるようにする

 

カール・ロジャース アメリカ合衆国の臨床心理学者。来談者中心療法を創始した。カウンセリングの研究手法として現在では当然の物となっている面接内容の記録・逐語化や、心理相談の対象者を患者ではなくクライエントと称したのも彼が最初 (Wikipedia 抜粋)