いつの間にか身につけてしまった「偽りの仮面」に気づく 心理学のエッセンスBlog


2022/1/3~


気分/気持ち 気分屋さん

とある出来事

その1

「今日ヒマ?ライブ行かない?」

「そんな気分じゃないなぁ…やめておく」

 

その2

「今日ヒマ?ライブいかない?」

気持ちが乗らないなぁ…やめておく」

 

この違いは何だろう…

 

気分屋

その時の気分で行動や言動が変わるタイプを気分屋さんと言います

自分の気分次第でコミュニケーションの仕方が変わってしまうことも多く、人間関係がうまくいかない場合も多いのではないでしょうか

職場に「気分屋さん」がいて大変!
気を使うので疲れる
逆に本人は気を使ってもらって当然だと思っている
こんな人間関係でうまくいっているかのように見えます

がしかし

気を使ってまで付き合うにも限界がありますので、いつしか人が遠のき孤立するかもしれません。

現実に私は何故孤立するのか…という悩みを持っている方のお話を聴いていると自分では気がついていない「気分屋さん」気質が見え隠れするケースがあります。

 

気分と気持ち

気分とは…

・ある期間持続する漠然とした心身の状態

・その場の雰囲気

・ムード

◆その場の環境に由来する

◆雰囲気・ニュアンスとして感じられる

 

気持ちとは…

・物事に接した際にそれに対して感じた心の状態や心のありかた

・からだの状態から生じる快や不快

・「ほんの少し」という意味でも使われる

・心理学界隈では感情にかかる主観的な経験、個人的、主観的意識

・日本では「心持ち」と言われていた 昭和以降「気持ち」

◆何かの物事に対して本人が主観的に感じるモノ

◆自分の価値観、理屈、考えが含まれる

◆主観的な接し方 心の持ち方

 

f:id:ligthbrreeeze:20220104123604j:plain

気持ち

ふたたび こんなことが起こっているかもしれない

その1

「今日ヒマ?ライブ行かない?」

「そんな気分じゃないなぁ…やめておく」

 

⇓理由

・誘った人の雰囲気がイヤだ

・声をかけられた場の雰囲気がイヤだ

・からだが反応した

 

その2

「今日ヒマ?ライブいかない?」

気持ちが乗らないなぁ…やめておく」

 

⇓理由

・ライブのアーティストがイヤだ

・誘った人の趣味と合わない

・ライブは嫌いだ

 

気分に気がつく

気分屋さんはその場その場の気分のまま行動したり話したり、自分自身が「気分」そのものになってしまっています。気分はその場の雰囲気から起こりますので、本人的には「ありのまま」の素直な自分でいると思っているかもしれません。

ですが、気分はあくまでも自分に起こっているものですので相手と共有することはありません。気分が良い・悪いは自分の内側です。相手やその場に全て受け入れられるとは限らないのです。

人は社会の中で生きています。家族と言えどひとつの社会です。上手にコミュニケーションをとってより良い人間関係を構築していく…何もかも我慢することではなく…程よく自分を表現できたらいいですよね…

「気分屋さん」を卒業するなら
その場の気分に飲み込まれない、気分そのものにならないこと

程よいセルフコントロールが必要です。

 

f:id:ligthbrreeeze:20220104125913p:plain

気分との距離感

気分屋さん

出来事=気分=自分そのもの

新しいスタイル

出来事=気分 👀 自分

「今の私にはこんな気分がある」

気分を眺めている

 

誰でもその時々の気分があります。気分そのものは悪者ではありません。
気分との距離をとって、そのものにならないようにコントロールしてみましょう。

今の自分にはこういう気分がある。
気分だから起こって当然、自分はそんな気分と一緒にいる。

こんな言葉をかけるのもひとつの方法です。

気分を絵に描いて眺めてみてから、脇に置いてみる
こんなワークもあります。

最初はうまくいかないかもしれませんが時間をかけて続けていくと「気分」そのものになることが減っていくと思います。

 

興味のある方はお試しくださいね!

『ロジャースが提唱する自分らしい生き方への10か条』 
1.偽りの仮面を脱いで、あるがままの自分になる
2.「こうすべき」「こうあるべき」といった「べき」から自由になる
3.他人の期待を満たし続けるのを辞める
4.他人を喜ばせるために、自分を型にはめるのを辞める
5.自分で自分の進む方向を決める
6.結果ではなく、プロセスそのものを生きる
7.変化に伴う複雑さを生きる
8.自分自身の経験に開かれ、自分が今、何を感じているのか気付いていく
9.自分自身を信頼する
10.他人をもっと受け入れるようにする

 

カール・ロジャース アメリカ合衆国の臨床心理学者。来談者中心療法を創始した。カウンセリングの研究手法として現在では当然の物となっている面接内容の記録・逐語化や、心理相談の対象者を患者ではなくクライエントと称したのも彼が最初 (Wikipedia 抜粋)